www.apartmasaru.com

借金に関しての引き落し内容は金融機関によってギャップというものがあって、いろいなメソッドが取り入れられております。基本的なところでは残高スライド法やリボ払い法が多いみたいです。そしてこういった誰もがご存知のリボ払いですけれども、本当を言えば勘定方法にいろんな手法といったものがあったりします。またさのごとき方式に応じて支払いトータルが異なってきてしまうわけですから、知ることで損をするようなことはないはずです。それでは簡単にこれらの様式のへだたりを説明します。ひとつは元金均等払いで、もう一つは元利均等払いというものです。これらは読んで字のごとく元金に関してを均一にして払っていくというものと元本と利率に関してつごうで均等に払っていく様式になります。この場ではもしや10万円をカードキャッシングしたと仮定し具体的にどういう計算をするか試してみます。利息はどっちも15%と設定し計算します。それとリボルディング払いなどの額は1万円と設定して試算します。まず元金均等払いからいきましょう。かような折の初回の返済に関しては1万円に対して利率分1250円を計上した返済額となります。次の引き落しは1万円に金利の1125円を計上した返済へとなります。こういったようにして10回分にて引き落しを終わらせるという様式です。一方、元利均等払いとは1度目の支払いについては1万円でそこから元本に8750円利率へ1250円という感じで割り振ります。その次の支払については元金が8750円に減った状態にて利息を算定して、1万円から更にまた分配するのです。言い換えれば元利均等払いのケースでは10回で引き落しが完了しない計算になるのです。これだけのずれで二者がどのように変わっているのかということがご理解頂けたでしょう。元利均等というのは元金均等と比肩して明らかにもと金が減っていくのが遅いというような不具合といったものが存在するのです。別のことばで言えば利子を余計に出すといったことになったりするのです。一方で、1回目の支払いが少額で済むというようなプラスというものも存在したりするのです。かような返済形式のずれにより、返済総額というものは異なってくるので自身の計画に応じた方法を採用するようにしていってください。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.apartmasaru.com All Rights Reserved.